但馬

  • 印刷
アクセサリー作りを通じて環境問題やコウノトリについてPRする高校生たち=豊岡市日高町日置
拡大
アクセサリー作りを通じて環境問題やコウノトリについてPRする高校生たち=豊岡市日高町日置

 JR江原駅前広場で開催されるナイトマーケットに、近畿大付属豊岡高校(兵庫県豊岡市)の有志7人が「リヤカー屋台」と名付けたブースを出し、地元の海の大切さやコウノトリを守る取り組みを伝えている。

 「リヤカー屋台フィールジャパン」のメンバーは今年1月、京都府で開かれた地域活性化のアイデアコンテストで特別賞を受賞。城崎温泉街でかつて盛んだったというリヤカーでの物販文化などを外国人観光客らにPRしようとしていたが、新型コロナウイルス感染拡大の影響で活動ができなくなっていた。

 今回は同校鸛(とり)部員と協力し、海洋ごみ問題やコウノトリについて知ってもらおうと、貝殻やコウノトリ米を使ったアクセサリー作りの体験ブースを出している。2年の女子生徒(17)は「城崎への思いや自分たちが感じる地元の良さをお客さんたちに伝えられたらうれしい」と話している。(阿部江利)

但馬の最新
もっと見る

天気(9月19日)

  • 29℃
  • ---℃
  • 10%

  • 29℃
  • ---℃
  • 10%

  • 30℃
  • ---℃
  • 10%

  • 31℃
  • ---℃
  • 10%

お知らせ