スポーツ

  • 印刷
神戸製鋼-日野 前半34分、レタリックがトライを決め、神戸製鋼が24ー7とリードを広げる(撮影・小林良多)
神戸製鋼-日野 前半34分、レタリックがトライを決め、神戸製鋼が24ー7とリードを広げる(撮影・小林良多)

 攻守の切り替えを意味する「トランジション」。神戸製鋼が8トライを奪って圧勝した試合で、敵将の元日本代表主将、箕内ヘッドコーチは「まだまだ差がある」と敗因に挙げた。

この記事は会員記事会員記事です。新聞購読者は会員登録だけで続きをお読みいただけます。

スポーツの最新
もっと見る

天気(4月20日)

  • 21℃
  • 11℃
  • 0%

  • 23℃
  • 7℃
  • 0%

  • 23℃
  • 11℃
  • 0%

  • 26℃
  • 9℃
  • 0%

お知らせ