スポーツ

  • 印刷
思い出の詰まった東雲寮を後にする寮生たち=加東市木梨の社高
思い出の詰まった東雲寮を後にする寮生たち=加東市木梨の社高

 今年も旅立ちの季節がやってきた。新型コロナウイルスの影響で多くのスポーツ大会が中止となり、卒業を迎えたアスリートにとって最後の一年は苦難続きだったに違いない。

 昨年6月。兵庫県立社高校(加東市)の体育科で学びながら、校内にある寄宿舎「東雲(しののめ)寮」で大舞台を目指して生活する3年生に密着し、連載記事にした。当時はやるせない思いを抱えた選手も少なくなく、卒業を前に彼らのその後を再度、取材した。

この記事は会員記事会員記事です。新聞購読者は会員登録だけで続きをお読みいただけます。

スポーツの最新
もっと見る

天気(4月15日)

  • 19℃
  • ---℃
  • 0%

  • 17℃
  • ---℃
  • 0%

  • 20℃
  • ---℃
  • 0%

  • 20℃
  • ---℃
  • 0%

お知らせ