スポーツ

  • 印刷
日野戦でリーグ初スタメンを飾る神戸製鋼のフランカー今村(中央)=神戸市東灘区、神鋼灘浜グラウンド
日野戦でリーグ初スタメンを飾る神戸製鋼のフランカー今村(中央)=神戸市東灘区、神鋼灘浜グラウンド

 ラグビー・トップリーグ(TL)第1ステージ第3節の6日、開幕2連勝でホワイト・カンファレンス2位の神戸製鋼はユニバー記念競技場(神戸市須磨区)で同最下位の日野と対戦する。リーグ初先発を飾る今村は本来のロックではなく、人生初というフランカー登録。「ポジションの幅が広がれば、試合に出るチャンスが増える」と前向きだ。

 今村は京都市出身で、帝京大から加入して2季目。今季は開幕2試合とも途中出場で「求められるコンタクトプレーを80分間強く出せるように」と意気込む。ロック陣では最高というベンチプレス170キロの怪力で攻守に役目を果たしそうだ。

この記事は会員記事会員記事です。新聞購読者は会員登録だけで続きをお読みいただけます。

スポーツの最新
もっと見る

天気(4月15日)

  • 19℃
  • ---℃
  • 0%

  • 17℃
  • ---℃
  • 0%

  • 20℃
  • ---℃
  • 0%

  • 20℃
  • ---℃
  • 0%

お知らせ