スポーツ

  • 印刷
森岡ジム前には丸田陽七太の日本王座獲得を祝うポスターが掲げられた=川西市内
森岡ジム前には丸田陽七太の日本王座獲得を祝うポスターが掲げられた=川西市内

 挫折を経てたくましさが備わった。2月に東京・後楽園ホールで行われたプロボクシングの日本フェザー級タイトルマッチで、兵庫県川西市出身で初挑戦の同級1位、丸田陽七太(ひなた)=森岡=が王者の佐川遼(三迫)に7回TKO勝ちし、王座に就いた。ホープとして注目されながら敗れた東洋太平洋タイトル戦から3年4カ月。初めてシニアのベルトを手にした23歳は「このまま世界へ向かっていきたい」と意欲を見せる。

 技巧派同士の対戦で、身長180センチの丸田は長い腕で距離をとりつつ、的確なブローでポイントを稼いだ。5回終了時の公開採点で、3人のジャッジ全員が丸田リード。

この記事は会員記事会員記事です。新聞購読者は会員登録だけで続きをお読みいただけます。

スポーツの最新
もっと見る

天気(4月20日)

  • 21℃
  • 11℃
  • 0%

  • 23℃
  • 7℃
  • 0%

  • 23℃
  • 11℃
  • 0%

  • 26℃
  • 9℃
  • 0%

お知らせ