スポーツ

  • 印刷
田中希実
拡大
田中希実

 陸上の日本選手権クロスカントリーは27日、福岡市海の中道海浜公園で行われ、女子(8キロ)は萩谷楓(エディオン)が25分54秒で快勝した。酒井美玖(福岡・北九州市立高)が26秒差の2位。2019年大会優勝で東京五輪5000メートル代表の田中希実(豊田自動織機TC、兵庫県立西脇工高出)は26分22秒で4位だった。

 男子(10キロ)は昨年7月に3000メートル障害で日本歴代2位の記録を出した19歳の三浦龍司(順大)が29分10秒で優勝。同タイムで2位だった松枝博輝(富士通)とのラストスパート勝負を制した。田村和希(住友電工)は29分17秒で4位、藤本珠輝(日体大、西脇工高出)は29分21秒で7位だった。

 U20の男子(8キロ)は佐藤圭汰(京都・洛南高)が23分19秒で制し、岡山・倉敷高1年の南坂柚汰(姫路市立安室中出)が23分54秒で3位に入った。女子(6キロ)は不破聖衣来(群馬・高崎健康福祉大高崎高)が19分49秒で優勝し、永長里緒(福岡・筑紫女学園高、神戸市立伊川谷中出)が6位、土井葉月(須磨学園高)が8位に入った。

スポーツの最新
もっと見る

天気(4月20日)

  • 21℃
  • 11℃
  • 0%

  • 23℃
  • 7℃
  • 0%

  • 23℃
  • 11℃
  • 0%

  • 26℃
  • 9℃
  • 0%

お知らせ