スポーツ

  • 印刷
ロッテ・益田直也(資料写真)
拡大
ロッテ・益田直也(資料写真)

 ロッテの益田直也投手が21日、千葉県内で練習を行い、オンライン取材で「優勝したい気持ちでやっている。一試合一試合、どのチームにも負けないように」と10年目のシーズンへ意気込んだ。

 昨季はソフトバンクとの優勝争いの中でパ・リーグ3位の31セーブを挙げたが、チームは2位に終わった。雪辱に向けて下腹部を意識しながら体幹トレーニングに励んでいる。「走っていても自分の体の軸がしっかりして、体がちゃんと動く」と手応えを感じている。

 関西国際大(兵庫県三木市)からドラフト4位で入団。救援投手として新人から13年連続で50試合以上に登板している日本ハムの宮西尚生(市尼崎高-関学大出)を目標に挙げる。「あんなふうになれれば。試合数を(多く)投げたいと思っている」と力強く語った。

スポーツの最新
もっと見る

天気(3月9日)

  • 14℃
  • 5℃
  • 10%

  • 16℃
  • 2℃
  • 0%

  • 16℃
  • 4℃
  • 10%

  • 17℃
  • 3℃
  • 10%

お知らせ