スポーツ

  • 印刷
14年ぶり4度目の優勝を果たした兵庫のアンカー福田有以=2018年1月14日、京都市の西京極陸上競技場
拡大
14年ぶり4度目の優勝を果たした兵庫のアンカー福田有以=2018年1月14日、京都市の西京極陸上競技場
初の連覇を達成した兵庫のアンカー川島亜希子=2004年1月11日、西宮市の西京極陸上競技場
拡大
初の連覇を達成した兵庫のアンカー川島亜希子=2004年1月11日、西宮市の西京極陸上競技場
悲願の初優勝のテープを切る兵庫のアンカー小崎まり=2001年1月14日、京都市の西京極陸上競技場
拡大
悲願の初優勝のテープを切る兵庫のアンカー小崎まり=2001年1月14日、京都市の西京極陸上競技場

 全国都道府県対抗女子駅伝。兵庫の優勝4度は地元・京都の17度に次いで2番目。ナンバーカード28が都大路を席巻したレースを振り返った。

<2001年>1区川島亜希子(東海銀行)は6位発進。2区川島真喜子(東海銀行)で4位に浮上すると、4区岡本治子(ノーリツ)と5区藤岡里奈(須磨学園高)がそれぞれ1人を抜いて2位に。6区田顔朋美(須磨学園高)がチーム唯一の区間賞で首位を奪い、その後は一度も先頭を譲ることなくアンカー小崎まり(ノーリツ)が2位千葉に1分32秒差をつけてフィニッシュした。

<2003年>1区の加納由理(資生堂)は6位でスタート。2区の早狩実紀(KIコーポレーション)が区間賞の走りで2位に浮上すると、3区小林祐梨子(小野市立旭丘中)で先頭に躍り出た。中盤では5区寺田恵(県西宮高)と6区川島千依(須磨学園高)の連続区間賞でさらにリードを広げ、アンカー大山美樹(三井住友海上)が2位京都と20秒差で逃げ切った。

<2004年>1区の加納由理(資生堂)がトップと4秒差の5位で2区につなぐと、早狩実紀(トーラス)が3年連続区間賞の走りで首位を奪取。6区藤本知佐(須磨学園高)、8区高吉理恵(三木市立自由が丘中)が区間賞に輝くなど全員が区間6位以内の快走を披露し、2位神奈川に1分48秒もの大差をつけてアンカー川島亜希子(愛知陸協)がフィニッシュした。

<2018年>1区田中希実(西脇工高)は先頭と5秒差の5位発進。一時は9位に後退したが5区太田麻衣(須磨学園高)で2位へ浮上した。6区後藤夢(西脇工高)が区間賞の走りを見せると、7区樽本知夏(須磨学園高)も区間1位でトップに。8区石松愛朱加(加古川市立浜の宮中)も区間賞でつなぎ、9区福田有以(豊田自動織機)が2位京都と1分13秒差でフィニッシュした。

スポーツの最新
もっと見る

天気(3月8日)

  • 14℃
  • 7℃
  • 40%

  • 10℃
  • 4℃
  • 20%

  • 14℃
  • 6℃
  • 70%

  • 13℃
  • 6℃
  • 50%

お知らせ