スポーツ

  • 印刷
女子1500メートルで優勝した山名里奈(アフロスポーツ/JSF提供)
拡大
女子1500メートルで優勝した山名里奈(アフロスポーツ/JSF提供)

 スピードスケート・ショートトラックの全日本選手権第1日は16日、長野県帝産アイススケートトレーニングセンターで前半2種目が行われ、女子は21歳の山名里奈(山梨学院大、兵庫県三田市出身)が1500メートル1位、500メートル6位で総合トップ。500メートルを制した菊池萌水(KHネオケム)が2位につけた。

 男子は総合2連覇を狙う渡辺啓太(阪南大職)が1500メートル1位、500メートル3位で首位に立った。500メートルは重弘喜一(神奈川大)が勝った。

 17日の1000メートル、3000メートルを合わせ4種目の総合で争う。

 オランダで3月に予定される世界選手権の代表選考会を兼ねる。既に代表に決まっている前回総合女王の菊池純礼(富士急)らは調整を優先するため出場していない。

スポーツの最新
もっと見る

天気(3月8日)

  • 14℃
  • 7℃
  • 40%

  • 10℃
  • 4℃
  • 20%

  • 14℃
  • 6℃
  • 70%

  • 13℃
  • 6℃
  • 50%

お知らせ