スポーツ

  • 印刷
男子2回戦・聖隷クリストファー-市尼崎 第1セット、市尼崎の佃がスパイクを決め、14-6とリードを広げる
拡大
男子2回戦・聖隷クリストファー-市尼崎 第1セット、市尼崎の佃がスパイクを決め、14-6とリードを広げる
女子2回戦・鎮西-氷上 第1セット、相手のスパイクが氷上のコートに決まる
拡大
女子2回戦・鎮西-氷上 第1セット、相手のスパイクが氷上のコートに決まる

 バレーボールの全日本高校選手権第2日は6日、東京体育館で2回戦が行われ、初戦に臨んだ兵庫の男子・市尼崎は2-0で聖隷クリストファー(静岡)に快勝して3回戦に進んだ。女子・氷上は鎮西(熊本)にストレートで敗れた。

 男子は前回優勝の東山(京都)が東海大相模(神奈川)を、同準優勝の駿台学園(東京)が崇徳(広島)をともに2-0で退けた。前回4強の松本国際(長野)、清風(大阪)も3回戦に勝ち上がった。

 女子は2連覇が懸かる東九州龍谷(大分)が富山第一にストレート勝ち。前回2位の古川学園(宮城)は日立二(茨城)に2-1で競り勝ち、2019年の全国高校総体を制した就実(岡山)は文京学院大女(東京)を2-0で破った。

スポーツの最新
もっと見る

天気(3月8日)

  • 14℃
  • 7℃
  • 40%

  • 10℃
  • 4℃
  • 20%

  • 14℃
  • 6℃
  • 70%

  • 13℃
  • 6℃
  • 50%

お知らせ