スポーツ

  • 印刷
プロでの目標として「沢村賞」を掲げるロッテドラフト2位の中森俊介投手=丹波篠山市
拡大
プロでの目標として「沢村賞」を掲げるロッテドラフト2位の中森俊介投手=丹波篠山市
今夏の独自大会で力投する明石商高の中森俊介
拡大
今夏の独自大会で力投する明石商高の中森俊介
後輩の野球少年にお手本を示す中森俊介投手=丹波篠山市草ノ上、多紀小学校
拡大
後輩の野球少年にお手本を示す中森俊介投手=丹波篠山市草ノ上、多紀小学校

 ロッテのドラフト2位新人、中森俊介投手(兵庫・明石商高)が昨年12月下旬、故郷の兵庫県丹波篠山市に帰省した際、神戸新聞社の取材に応じた。4季連続で甲子園大会に出場した世代屈指の右腕が3年間の高校野球人生を振り返った。(まとめ・尾藤央一)

 -高校3年間で最も印象的な試合は。

 「2年夏の兵庫大会決勝の神戸国際大付戦。今まで自分の力で抑えた記憶が数少なくて先輩に助けられてた。この試合だけは自分が最後まで投げ抜いて甲子園に絶対に行きたい気持ちが一番強かった。その中で最後まで投げ抜いて自信にも、思い出にもなったし、一番納得のいくピッチングだった」

 -同年の準々決勝の姫路南戦は五回までに4失点。

 「あれは負けると思った。完全に打たれた。(狭間善徳)監督さんも『自分らは一回終わってる。勝ったからチャンスはある。開き直って自分たちの野球をやろう』と言ってたくらい。調子も悪くて、ボール先行でしんどくなった」

 -甲子園で印象に残っている試合は。

 「1年夏は先輩の夏を終わらせてしまったんで印象に残っている。監督さんに先輩がいる中で、指名してもらって投げられた。そこで全国に自分の名前を知ってもらう良い経験になった。3年間でも一番大きな分岐点」

 -甲子園で相手の打力が上回ったと思った試合は。

 「(2年夏の準決勝)履正社。調子も良くなかったし、相手もめちゃめちゃ強かったんでボロボロだった。先頭打者に打たれたのと、ボール先行で負けにつながった」

 -最高学年になってからのベストゲームは。

 「全くないです。1年、2年と右肩上がりで、自分の中でもハードル上げていってそれを越えられなかった。球速も伸びてないし、ピッチングでも打たれて全然やった。3年生は中途半端でまずまずな1年だった」

 -背番号1のユニホームを2枚もらっていた。

 「2年の夏から僕だけ1枚多くもらっていた。汗っかきで着替えるために。甲子園でも着替えて、アンダーは3枚くらい持っていて。(監督から背番号が渡される)メンバー発表では1枚だけ返して、1枚もらうって感じでした」

 -コロナ禍で自粛期間中は実家がある丹波篠山市で小中の同級生と練習。

 「体動かす程度。自粛前に足をケガして最初は全然動かせていなかった。あとあと響いて体力面も落ちた。野球を続けている小中の同級生がいたことは大きかった。(西脇工高前主将)桑形と中学の時にバッテリーを組んだ(篠山鳳鳴高前主将)山田には3回くらい座ってもらってピッチング練習をした」

 -高校で親元を離れて感じたことは。

 「小さいときから親に『自分のことは自分でせえ』としつけを受けていたので、ある程度のことは対応できた。一人暮らしをして親のありがたみを知ったというよりは、逆にそういうしつけをしてもらっていたのがよかった。お腹すいた時は自分で適当に作れるんで。ある程度のことは家事全般できます」

 -高校3年間で磨かれた得意料理は。

 「あんまり料理しないんで(笑)。3年生で引退してからはお弁当を作ってました。大きなタッパーに半分ご飯入れて、卵焼きとピーマン、アスパラガス、鶏のささみ、パプリカを炒めた。けがをしてたんでビタミン取るように」

 「自粛の時は、太るために1日7、8食たべているうちの4食くらいはささみで。ピッチャーは回転運動なんで、太りすぎないことが大事。体を大きくすることはいいですけど、ベスト体重はもうちょい減らした方が良くて、84キロくらいまで絞りたい。自粛の時はマックス91キロまでいった」

 -実家では父親がトレーニング器具をDIYでつくってくれた。

 「背筋するためと懸垂するための棒がなかったのでお父さんにつくってもらいました」

 -契約金で実家を新築する。

 「恩返し。家を買うだけじゃなくて、小さいときからプロ野球選手になりたいという夢を持って、応援してくれて背中を押してくれた。時間もお金も使ってくれて、自分が思う存分野球をできる環境をつくってもらった。プロ野球選手になったから、今度は自分が親を支えるようになっていければと」

 -自分へのご褒美は。

 「別にいらない。物欲全然ないんで。好きなものを好きな時に買えたらいい。ない時に、あれこれ欲しいとかはない」

 -マイブームは。

 「ピアノはもう弾かないです(笑)。風呂上がりのストレッチは欠かさずやっている。やらないと日に日に硬くなってしまうんじゃないかと思って気持ちが悪くなる。ストレッチをちゃんとやるようになったのは、高校2年の冬。開脚がだいぶ広がるようになって、下宿にいた時は、ご飯食べて風呂入ってすぐ。気がついたら2時間ずっと。そろそろ寝ないといけないなって感じ。プロでは動的ストレッチを取り入れてみようかな」

 -2020年は春の選抜も夏の甲子園もなくなった。

 「入学した時から5季連続で出るのは目標だった。選抜は悔しい、ショックというよりは『ないんかー』って感じ。夏は正直よく分からなかったですね。全て甲子園なくなるのは初めてなんで。そこら辺でちょっと進路も気になり始めて。『やばいな。プロどないなるんやろう』ってなって。正直、甲子園もトーナメントでやりたかった。でもこのご時世なんで、やっていただけるだけでありがたかった」

 -甲子園はどんな存在か。

 「いつも以上の力を出せるところ。練習試合とか全然なんで。あれだけの観衆がいて、応援があったからこその(春夏連続)ベスト4。アドレナリンも出た」

 -帰省して、地元の後輩たちに熱心にアドバイスしていた。

 「教えるのは得意じゃないし難しい。質問されたら言える範囲で教えます。自分はそんな高いレベルじゃないんで、おこがましい。来年も帰ってきたい。1軍で出て活躍した姿を見せられたら」

 -サインの由来は。

「ドラフトの後に自分で考えた。(書いているのは)中森俊。中だけ漢字で、あとはひらがなです」

スポーツの最新
もっと見る

天気(3月9日)

  • 14℃
  • 5℃
  • 10%

  • 16℃
  • 2℃
  • 0%

  • 16℃
  • 4℃
  • 10%

  • 17℃
  • 3℃
  • 10%

お知らせ