総合 総合 sougou

  • 印刷
寒そうな姿で街を歩く人々=23日午後、神戸市中央区(撮影・小林良多)
拡大
寒そうな姿で街を歩く人々=23日午後、神戸市中央区(撮影・小林良多)

 風が強く、肌寒い一日となった23日、近畿地方で「木枯らし1号」が吹いた。大阪管区気象台によると、1981年、93年、2020年と並んで観測史上最も早かった。

 同日午後6時までに最大瞬間風速は神戸市で13・9メートルを観測。ほかに、京都府舞鶴市で17・1メートル、滋賀県彦根市では15・7メートル、京都市で14・3メートル、和歌山市で13・7メートル、大阪市で12・6メートルだった。

 この日、神戸市の最高気温は18・9度で平年より2・9度低かった。同市中央区では、上着の襟を寄せ、肩をすくめながら歩く人々の姿が見られた。

 木枯らし1号は、おおむね10月下旬から12月下旬、西高東低の冬型の気圧配置となって最初に吹いた最大風速8メートル以上の北寄りの風とされる。(小尾絵生、小野萌海)

総合の最新
もっと見る
 

天気(12月5日)

  • 12℃
  • 6℃
  • 10%

  • 10℃
  • 4℃
  • 20%

  • 13℃
  • 6℃
  • 10%

  • 12℃
  • 5℃
  • 20%

お知らせ