総合 総合 sougou

  • 印刷
賞状と記念品を手にする山野卯嵩君
拡大
賞状と記念品を手にする山野卯嵩君

 将棋日本シリーズ、第42回JTプロ公式戦(JT杯)の対局に先立って、小学生大会「テーブルマークこども大会」が同じ会場で行われた。低学年の部に149人、高学年の部に249人が出場し、加古川市立平荘小学校2年の山野卯嵩(うたか)君が低学年の部で準優勝した。

 決勝はJT杯と同様、ステージ上での公開対局となり、稲葉陽八段らによる大盤解説もあった。

 稲葉八段は「将棋は負けても負けてもどんどん対局するのが大事」と出場者を激励。山野君は「準優勝でもうれしい」と結果を喜び、「将来は渡辺明名人のような棋士になりたい」と夢を語った。

総合の最新
もっと見る
 

天気(12月5日)

  • 12℃
  • 6℃
  • 10%

  • 10℃
  • 4℃
  • 20%

  • 13℃
  • 6℃
  • 10%

  • 12℃
  • 5℃
  • 20%

お知らせ