総合 総合 sougou

  • 印刷
衆院選と神戸市長選を前に設置された「選挙違反取締本部」
拡大
衆院選と神戸市長選を前に設置された「選挙違反取締本部」

 衆院選(19日公示、31日投開票)と神戸市長選(17日告示、31日投開票)を前に、兵庫県警は15日、県警本部と全46警察署に「選挙違反取締本部」を設置した。総勢約8300人態勢で、選挙違反の捜査と情報収集にあたる。

 同日夕、署長と県警本部の所属長らを集めたオンライン会議も開き、選挙違反取り締まりや要人警護についての方針を確認した。

 種部滋康本部長は「選挙が公正に行われ、県民の意思が正しく政治に反映されることは民主主義の根幹。県民の期待に応えるためにも適正な取り締まりをすることが重要」と訓示した。

 県警捜査2課によると、今回の衆院選に絡み、県警が同日午前10時までに出した警告は計8件。ポスターなど文書掲示に関する公職選挙法違反が多いという。

 2017年10月にあった前回衆院選では、選挙事務関係者に暴行したり、演説を妨害したりしたとして、同法違反容疑で1人を逮捕、2人を書類送検した。警告は29件だった。(井沢泰斗、前川茂之)

選挙衆院選兵庫ニュース神戸市長選ニュース
総合の最新
もっと見る
 

天気(12月7日)

  • 14℃
  • ---℃
  • 40%

  • 13℃
  • ---℃
  • 70%

  • 13℃
  • ---℃
  • 70%

  • 13℃
  • ---℃
  • 80%

お知らせ