総合 総合 sougou

  • 印刷
国立感染症研究所で分離された新型コロナウイルスの電子顕微鏡写真像(同研究所提供)
拡大
国立感染症研究所で分離された新型コロナウイルスの電子顕微鏡写真像(同研究所提供)

 新型コロナウイルス緊急事態宣言の解除後、2度目の土日を迎えた兵庫県。NTTドコモによると、JR三ノ宮駅付近では9、10の両日午後3時時点の人出が前週に比べて微増し、宣言中と比べても増加傾向が続く。JR姫路駅付近や、兵庫に隣接する大阪・梅田でも同様の傾向となっている。

 感染拡大前(昨年1月18日~2月14日)の休日平均と比べ、三ノ宮駅付近の人出は、宣言中の土日に20%前後の減少が続いていたが、解除後初の土日となった2日が9・6%減、3日は15・7%減にとどまった。1週間後の9日は8・6%減、10日は15・5%減で、前週と比べてわずかに増えた。

 県内のもう一つの調査地点、姫路駅付近では、三ノ宮駅付近に比べて感染拡大前に近い人出となり、9日は3・2%減、10日も5・8%減にとどまった。兵庫への影響の大きい大阪・梅田では9日が12・1%減、10日は18・6%減。兵庫の2地点より感染拡大前からの減少幅が大きいが、前週からの増加は目立った。

 兵庫県内ではこれまで宣言解除から2、3週間後の休日に人出が増加する傾向があり、県もリバウンドを警戒している。(井川朋宏)

【兵庫のコロナ情報】←最新のコロナニュースはこちら

新型コロナ
総合の最新
もっと見る
 

天気(11月28日)

  • 14℃
  • ---℃
  • 0%

  • 13℃
  • ---℃
  • 10%

  • 15℃
  • ---℃
  • 0%

  • 14℃
  • ---℃
  • 0%

お知らせ