総合 総合 sougou

  • 印刷
玉岡忠大が9・5ミリで撮影した「三宮ヤミ市」(提供)
拡大
玉岡忠大が9・5ミリで撮影した「三宮ヤミ市」(提供)
玉岡忠大コレクションから、モーリス・ターナー監督の米映画「ウーマン」(1918年、提供)
拡大
玉岡忠大コレクションから、モーリス・ターナー監督の米映画「ウーマン」(1918年、提供)
日本アニメのパイオニア・幸内純一監督の最後の作品「ちょん切れ蛇」(1930年、提供)
拡大
日本アニメのパイオニア・幸内純一監督の最後の作品「ちょん切れ蛇」(1930年、提供)
玉岡忠大コレクションから見つかった政岡憲三監督「海の宮殿」の一場面(提供)
拡大
玉岡忠大コレクションから見つかった政岡憲三監督「海の宮殿」の一場面(提供)
小津安二郎監督、岡田嘉子主演の「東京の女」((C)1933、松竹株式会社)
拡大
小津安二郎監督、岡田嘉子主演の「東京の女」((C)1933、松竹株式会社)

 神戸発掘映画祭が16日から、神戸映画資料館(神戸市長田区腕塚町5)で開かれる。コロナ禍で2年ぶりの開催となる今回は、個人コレクターの収集や戦前の家庭用9・5ミリフィルムなどを特集。幻の古典アニメ「ちょん切れ蛇」など貴重な映像がスクリーンによみがえる。

■玉岡コレクション

 16日は、無声映画の会を主催した故玉岡忠大が、1940年代の地元・三木や神戸を撮影したホームムービーを紹介。三宮の闇市風景はわずか1分だが、「フィルムの入手困難な時期で珍しい」(安井喜雄館長)という。

 17日は洋画を中心とする玉岡コレクションから、怪奇俳優ロン・チェイニー主演の「嘲笑」(27年)と、淀川長治が10歳で「映画の洗礼を受けた」という「ウーマン」(18年)の2本をよりすぐり。上映前には娘の作家玉岡かおるさんにより、映画一筋の97年の人生が語られる。

 30日は、阪東妻三郎ファンで知られる故古林義雄の収集から、阪妻の名場面集(31分)と、現存最長版が昨年作られた林長二郎主演の「切られ與三」(28年)。映画評論家山根貞男さんが、長年のコレクター取材の一端を明かすトークも聞き物だ。

■新発見アニメ

 23日は、戦前のアニメを一挙上映。中でも新発見の「ちょん切れ蛇」(30年)は、日本アニメの先駆者・幸内純一の最後の作品で、ファン必見。政岡憲三がアニメ作家デビュー前に手掛けた実写児童劇「海の宮殿」(27年)も、国内初のお披露目となる。

 また、9・5ミリの短縮版として複製販売されていた劇映画をデジタル復元。30日はマキノ省三監督の「夜叉王」(26年)や市川右太衛門主演の「浄魂」(同)などの時代劇、31日は内田吐夢監督の「漕艇王」(27年)や清水宏監督の「親」(29年)などの現代劇を予定している。

■往年の活弁再現

 映画の「音」に注目したプログラムも。24日と29日は、小津安二郎監督のサイレント作品「東京の女」(33年)と伊藤大輔監督の初トーキー作品「丹下左膳 第一篇」(同)を上映。30日の嵐寛寿郎主演作「右門捕物帖 六番手柄」(31年)では、往年の関西活動弁士の録音を使い、活弁時代を再現する趣向だ。

 その他、関西初上映となる「白茂線」(43年)などの鉄道映画や自主映画史上に輝く「青春散歌 置けない日々」(75年)、活弁に関する研究報告やデジタル配信を巡るシンポジウムなども。盛りだくさんの8日間になりそうだ。

 1プログラム一般1400円。予約可。スケジュールなど詳細は同館サイトで。TEL078・754・8039

(田中真治)

神戸三木
総合の最新
もっと見る
 

天気(12月3日)

  • 14℃
  • 7℃
  • 20%

  • 14℃
  • 1℃
  • 50%

  • 14℃
  • 6℃
  • 20%

  • 14℃
  • 4℃
  • 20%

お知らせ