総合 総合 sougou

  • 印刷
東京五輪の女子マラソンで金メダルを狙う前田穂南=1月31日、大阪市東住吉区の長居公園
拡大
東京五輪の女子マラソンで金メダルを狙う前田穂南=1月31日、大阪市東住吉区の長居公園
幼稚園で既に5段の跳び箱を跳んでいた
拡大
幼稚園で既に5段の跳び箱を跳んでいた
高校時代、発表会でピアノを弾く前田穂南(家族提供)
拡大
高校時代、発表会でピアノを弾く前田穂南(家族提供)
小学4年の時に描いたという「風神」
拡大
小学4年の時に描いたという「風神」
マラソン女子代表の前田穂南(右奥)は小学校時代、バスケットボールにも親しんだ
拡大
マラソン女子代表の前田穂南(右奥)は小学校時代、バスケットボールにも親しんだ

 7日朝に号砲が鳴る東京五輪の女子マラソンに、兵庫県尼崎市出身の前田穂南(天満屋)が登場する。子どもの頃から走れて泳げただけでなく、ピアノや絵画など「なんでもできる子」だった。メダル候補に挙げられ、虎視眈々と「金」を狙う25歳のルーツをひもとく。

 前田は同市の園田地区で生まれ育った。両親と1歳下の弟の4人家族で、祖父母も近くに暮らしていた。母の麻理さん(47)は「活発で擦り傷だらけ。走ったらあかんよ、が口癖だった。温かいまちでみんなに育てられた」と振り返る。跳び箱や竹馬、スキーなど、すぐにコツをつかんだという。

 小学生の時にマラソン大会で一度負けると、父を誘って一緒に練習した。「自分で黙々と努力して乗り越えるタイプ。集中力がすごかった。弱音を一度も聞いたことがない」と麻理さん。負けず嫌いな性格は変わらない。

 美術教室では没頭してダイナミックな絵を描いた。ミニバスケットボールのチームにも所属。水泳はすぐにバタフライまで泳げるようになり、選手コースを勧められたが、「一通り泳げたから」と辞めた。2歳で始めたピアノはコンクールでの受賞歴もあり、周囲が「将来はピアニストに」と言うほど上達したという。陸上の強豪、大阪薫英女学院高校に進んでからも、卒業するまで続けた。

 そんな前田が最も自己主張したのが「高校卒業後、(陸上で)実業団に行きたい」ということだった。走るのが好きということに加え、トップになりたいという思いもあった。中学生の頃、弟に「Jリーガーにならへんのやったら、なんでサッカーやってるの」と言い放ったエピソードからも「やるからには頂点」という強いこだわりがにじむ。

 実業団で地道な努力を重ね、迎えた初めての五輪。真夏の札幌で「自分のパフォーマンスをしっかり発揮できるよう、粘って最後まで走りたい」と、全力で42・195キロを駆ける。ずっと口にしてきた「金メダル」を信じて。(金山成美)

五輪兵庫7五輪兵庫コラム2
総合の最新
もっと見る
 

天気(11月28日)

  • 14℃
  • ---℃
  • 0%

  • 13℃
  • ---℃
  • 10%

  • 15℃
  • ---℃
  • 0%

  • 14℃
  • ---℃
  • 0%

お知らせ