総合 総合 sougou

  • 印刷
兵庫県立尼崎総合医療センター=尼崎市東難波町2
拡大
兵庫県立尼崎総合医療センター=尼崎市東難波町2

 兵庫県は25日、県立尼崎総合医療センター(尼崎市)で男性患者の肺がんを見落とした問題で、遺族側と1350万円で和解したと発表した。男性は診断が3年遅れ、手術できない状態まで症状が悪化。昨年11月に80代で死亡したという。

 県病院局によると、男性は2017年9月、十二指腸がんの術後観察でコンピューター断層撮影(CT)検査を実施し、肺がんの可能性が指摘されていた。しかし、その後のCT検査で「腹部」に異常がなかったのを、担当医が「胸部」も異常なしと勘違いし、肺がんを見落としたという。

 男性は20年8月、肋骨の痛みを訴えて同センターで検査し、肺がんが判明。3年前は、肺の腫瘍が7ミリで初期のステージ1だったとみられるが、既に92ミリのステージ4に進行していたという。(藤井伸哉)

総合の最新
もっと見る
 

天気(12月7日)

  • 14℃
  • ---℃
  • 40%

  • 13℃
  • ---℃
  • 70%

  • 13℃
  • ---℃
  • 70%

  • 13℃
  • ---℃
  • 80%

お知らせ