総合 総合 sougou

  • 印刷
神戸新聞NEXT
拡大
神戸新聞NEXT

 兵庫県で新型コロナウイルスの緊急事態宣言が解除されたことを受け、県教育委員会は4日、修学旅行など県外での教育活動を、感染防止を徹底しながら実施するよう、県立学校(高校、特別支援学校など)全174校に通知した。部活動の合宿や県外での練習試合は、春休みに入るまでは自粛し、段階的に緩和していく。

 県外での活動は、宣言が再発令された1月13日に自粛を通知していた。3月8日以降は、時期や場所、参加人数、移動手段などを十分に検討した上での実施を求める。受験や卒業式も、予防策を徹底して予定通りに行うよう求めた。

 部活動は、宣言下では「平日4日(2時間以内)、休日1日(3時間以内)を厳守」としていたが、「同(2時間程度)、同(3時間程度)の実施」と通常に戻した。

 8日以降、全国大会につながる公式戦は県内外を問わず可能になる。一方、合宿などは23日までは県内、県外ともに自粛を継続する。練習試合は県内のみ実施できる。

 24日~4月7日の春休み中は、緊急事態宣言が発令されている地域での活動はできない。

 学校生活でのマスク着用や換気、消毒などの対策は従来通り。県教委の担当者は「段階的に緩和するが、今後、状況を見て制限を強めることもある」としている。(小谷千穂)

【特集】目で見る兵庫県内の感染状況

総合の最新
もっと見る

天気(4月20日)

  • 21℃
  • 11℃
  • 0%

  • 23℃
  • 7℃
  • 0%

  • 23℃
  • 11℃
  • 0%

  • 26℃
  • 9℃
  • 0%

お知らせ