総合 総合 sougou

  • 印刷
クラスターが発生した東加古川病院=加古川市平岡町新在家
拡大
クラスターが発生した東加古川病院=加古川市平岡町新在家

 兵庫県は26日、新型コロナウイルス感染症のクラスター(感染者集団)が発生している東加古川病院(加古川市平岡町新在家)で、新たに入院患者や医療スタッフら14人の感染が分かったと発表した。感染者は、既に確認されていた2病棟以外の病棟にも広がっており、計109人になった。

 県によると、入院患者は20~70代の男女11人で、重症ではない。20代と50代の医療スタッフの女性と、同病院で医療ケアに携わった20代女性の陽性も判明し、いずれも軽症か無症状。同病院には8病棟あり、ほかの全患者や職員約500人の検査を進める。

 県が同日発表した加古川健康福祉事務所管内(加古川、高砂市、稲美、播磨町)の感染者は、この14人を含め計33人だった。

 クラスターが発生していた管内の診療所で、患者の70代男性と80代女性の感染が新たに判明した。ともに軽症。ほかの17人は10~70代で、いずれも軽症か無症状。県発表による東播2市2町在住者は計542人になった。(斉藤正志)

【特集】目で見る兵庫県内の感染状況

総合の最新
もっと見る

天気(3月3日)

  • 11℃
  • ---℃
  • 10%

  • 8℃
  • ---℃
  • 10%

  • 12℃
  • ---℃
  • 0%

  • 11℃
  • ---℃
  • 10%

お知らせ