総合 総合 sougou

  • 印刷
事故現場の踏切を調べる国土交通省運輸安全委員会の鉄道事故調査官(左端)ら=24日午後、神戸市灘区宮山町1
拡大
事故現場の踏切を調べる国土交通省運輸安全委員会の鉄道事故調査官(左端)ら=24日午後、神戸市灘区宮山町1

 神戸市灘区の阪急電鉄神戸線の踏切で23日夜、特急電車が軽ワゴン車と衝突、脱線した事故で、阪急電鉄は翌24日の始発から夙川-新開地間で運転を見合わせたが、同日午前に運転を再開し、通常ダイヤに戻った。しかし2日間で計225本が運休または部分運休し、約10万7000人に影響。現場では24日、国土交通省運輸安全委員会の鉄道事故調査官が調査を始めた。

 阪急神戸三宮駅(神戸市中央区)では24日朝、駅員が拡声器で運転見合わせの状況をアナウンス。一方、振り替え輸送を担ったJR西日本などの近隣駅は、連休明けの出勤客らで混み合った。阪急は午前10時55分、通常ダイヤに戻った。

 兵庫県警は過失往来危険容疑で軽ワゴン車を運転していた男性(42)から事情を聴いている。捜査関係者によると、男性は運送会社の派遣社員で、事故当時は配達中だった。現場の高羽踏切から北約10メートルの坂道に車を駐車して離れていたといい、「サイドブレーキの引きが甘かったかもしれない」と話しているという。

 鉄道事故調査官2人は24日正午ごろ、現場に到着。線路を歩きながら、事故の痕跡や運転士からの踏切の見え方などを2時間にわたって調べた。(坂井萌香、森下陽介、堀内達成)

総合の最新
もっと見る

天気(1月25日)

  • 13℃
  • 7℃
  • 10%

  • 11℃
  • 4℃
  • 10%

  • 14℃
  • 6℃
  • 10%

  • 14℃
  • 6℃
  • 10%

お知らせ