総合 総合 sougou

  • 印刷
オンラインでコロナ禍取材の課題を報告する記者=鹿児島市の南日本新聞会館
拡大
オンラインでコロナ禍取材の課題を報告する記者=鹿児島市の南日本新聞会館

 神戸新聞社など全国の地方紙12社が参加する「第17回地方紙フォーラムin鹿児島」が17日、鹿児島市の南日本新聞会館であった。新型コロナウイルス禍の中、地域に密着した報道の果たす役割を探った。

 日本地方紙ネットワークの主催。新型コロナの感染状況を踏まえ、初めてオンライン形式で開き、各社の記者が報告した。

 神戸新聞の霍見真一郎記者は、大規模な院内感染が発生しながらも、コロナ治療の「最後の砦(とりで)」であり続けた、神戸市立医療センター中央市民病院の幹部職員インタビューを連載したと報告。「視点が異なる複数の幹部の声を伝えることで、院内の様子を立体的に再現できた」と述べた。

 南日本新聞奄美総局の藤崎優祐記者は人口5千人余りの与論島で約50人が感染する事態を追った。感染者を中傷する空気は感じられなかったとし、「現地に入らなければ分からない実態を伝えることができた」と振り返った。

 高知新聞の芝野祐輔記者は「感染者が自殺した」というネット上のデマを、記事で否定した経緯を紹介。「報道でデマは収まった。誰でも情報発信が可能だからこそ、新聞の信頼性が問われている」と述べた。

総合の最新
もっと見る

天気(10月27日)

  • 21℃
  • 13℃
  • 0%

  • 21℃
  • 7℃
  • 0%

  • 22℃
  • 11℃
  • 0%

  • 23℃
  • 9℃
  • 0%

お知らせ