総合 総合 sougou

  • 印刷
医療従事者らに感謝を込め、青くライトアップされた神戸空港の展望デッキ=神戸市中央区
拡大
医療従事者らに感謝を込め、青くライトアップされた神戸空港の展望デッキ=神戸市中央区

 関西、大阪(伊丹)、神戸の関西3空港で17日夜、新型コロナウイルス感染症に対応する医療従事者へ感謝する、青色のライトアップが始まった。

 3空港を運営する関西エアポートが、20日の「空の日」を前に企画した。移動自粛などの影響で航空需要が激減する中、コロナ禍の収束と「青空を自由に行き来できる日が戻るように」との願いを込める。

 神戸空港では、ターミナルビル4階の展望デッキに「KOBE」の文字が青く照らし出された。大阪空港では、北立体駐車場のアクセスデッキなどが青色に染まった。来年2月末まで、毎日午後6~9時に点灯される。

 医療従事者をたたえるライトアップは英国で始まり、兵庫県内では神戸港のモニュメント「BE KOBE」や明石海峡大橋のほか、民間施設にも広がった。(横田良平)

総合の最新
もっと見る

天気(10月27日)

  • 21℃
  • 13℃
  • 0%

  • 21℃
  • 7℃
  • 0%

  • 22℃
  • 11℃
  • 0%

  • 23℃
  • 9℃
  • 0%

お知らせ