総合 総合 sougou

  • 印刷
神戸市混声合唱団の次期音楽監督の佐藤正浩さん(右)と久元喜造市長=神戸市役所
拡大
神戸市混声合唱団の次期音楽監督の佐藤正浩さん(右)と久元喜造市長=神戸市役所

 神戸市混声合唱団の次期音楽監督に決まった指揮者佐藤正浩さん(57)が17日、久元喜造市長を表敬訪問した。

 佐藤さんは福島県出身で、東京芸術大学声楽科を卒業後、米国のジュリアード音楽院ピアノ伴奏科修士課程を修了。欧州でオペラ指揮を学んだ。東京芸術劇場のコンサート・オペラシリーズではビゼーの「カルメン」など、毎年、フランス作品を取り上げてきた。自身プロデュースの「白虎」で佐川吉男賞を受けた。

 同合唱団は1989年に創設。童謡、国内外の歌曲、オペラ、シャンソンなど幅広い分野の歌声を市民に披露してきた。過去の定期演奏会で2回、佐藤さんが指揮を振ったことが縁で、音楽監督に就任することになった。

 佐藤さんは「オペラの歌をコンサート形式で披露して合唱団の実力を広く伝え、観客増を目指したい」と抱負。久元市長は「ぜひやってもらいたい」と期待した。佐藤さんは来年4月に就任。現監督の松原千振さんは退任する。(津谷治英)

総合の最新
もっと見る

天気(10月27日)

  • 21℃
  • 13℃
  • 0%

  • 21℃
  • 7℃
  • 0%

  • 22℃
  • 11℃
  • 0%

  • 23℃
  • 9℃
  • 0%

お知らせ