西播

  • 印刷
開館10年目企画を準備するスタッフ。一部の盆栽は抽選になる=赤穂市御崎
拡大
開館10年目企画を準備するスタッフ。一部の盆栽は抽選になる=赤穂市御崎

 発令から約1カ月半、兵庫県の緊急事態宣言がようやく解除された。一夜明けた22日、県の休業要請が解かれた播磨各地の美術館や娯楽施設にも活気が戻り始めた。利用客らの笑顔が見られた一方、当面は新型コロナウイルスへの感染対策を継続せねばならず、運営側の奮闘は続く。

 赤穂市御崎の桃井ミュージアムは24日、営業を再開する。開館10年目企画として、赤穂雲火焼の作品を展示し、岡山県瀬戸内市、牛窓神社ゆかりの盆栽鉢を来館者に贈る。

 同館は2011年に開館。幻の陶芸品と称された雲火焼を桃井香子(よしこ)館長と長棟州彦(くにひこ)さんが復元し、県伝統的工芸品に指定された。

 同神社近くでは、幹が結び目のようにぐるりと回った「縁(円)結びの松」が見つかり、所有者から譲渡を受けて同館に移植した。今回は、岡崎義弘宮司の父・吉三郎さんが高齢になり、丹精していた盆栽の世話をできなくなり、宮司の祈願を受けて同館が持ち帰った。

 雲火焼は大嶋黄谷の作品や桃井さんの茶道具、長棟さんの陶板絵を展示する。6月7日まで。5月24日は入館無料で先着30人にコーヒーなどのチケットを配る。

 6月6、7日には「花と緑にふれあう祭り」を開催。コケ玉作りは2千円(親子は小学生以下1人無料)で6、7日の午前10時と午後2時から各30人。要予約。雲火焼ネックレス作り(2千円、30人)や焼きたてピザ(飲み物かソフトクリーム付き1380円、30食)、地上型水琴窟「アートな水楽器」も楽しめる。

 入場時に館内で使える金券500円を購入。午前9時~午後4時。火曜休館。同館TEL0791・56・9933

(坂本 勝)

【記事特集リンク】新型コロナウイルス

西播の最新
もっと見る

天気(6月4日)

  • 28℃
  • 21℃
  • 20%

  • 32℃
  • 16℃
  • 20%

  • 30℃
  • 21℃
  • 20%

  • 33℃
  • 20℃
  • 10%

お知らせ