三田

  • 印刷
「ふ~っ」とガラスに息を吹き込む=三田市香下
拡大
「ふ~っ」とガラスに息を吹き込む=三田市香下
再加熱炉でガラスを柔らかくする=三田市香下
拡大
再加熱炉でガラスを柔らかくする=三田市香下
水でぬらした新聞紙で形を整える=三田市香下
拡大
水でぬらした新聞紙で形を整える=三田市香下
淡いピンクが優しい、桜色のグラス=三田市香下
拡大
淡いピンクが優しい、桜色のグラス=三田市香下
花びらの形をしたアクセサリートレー=三田市香下
拡大
花びらの形をしたアクセサリートレー=三田市香下

 ひとあし早く春の訪れを感じる「さくらカラー吹きガラス体験」が、兵庫県三田市香下の市ガラス工芸館で始まった。好みの高さや口の大きさに調整することで、コップのほか、一輪挿しにもなる。淡いピンクや緑のガラスが陽光を浴びてきらきら輝き、新たな季節を演出している。4月25日まで。(喜田美咲)

 春らしい体験を楽しんでもらおうと、同館が考案した限定企画。昨春、初めて企画したが、新型コロナウイルスの感染拡大に伴う休館で実施できず、1年越しの実現となった。

 吹きガラス体験の所要時間は約30分。まず、珪砂やソーダ灰などを混ぜて作ったガラスの原料を、吹き竿(ざお)で巻き取り、溶鉱炉から取り出す。約1300度に熱せられた原料は、マグマのようなオレンジ色だ。

 次に、ピンクや赤、緑の粉の色ガラスをまぶし、さらに上から透明のガラスを巻き付ける。息を吹き込み器の形に膨らましたり、先端のとがった「ジャック」を使って飲み口を広げたりする。形を整えたら480度の電気炉に入れ、一晩かけてゆっくりと室温まで冷まして仕上げるといい、完成品は1週間ほどで受け取れる。

 母子で体験した神戸市立藤原台小学校5年の児童(11)は飲みやすいようにと円柱形のまっすぐなコップ作りに挑戦。「ガラスがすぐに固まるから全力で息を吹き込んだ。飲み口をうまく広げられたので完成が楽しみ」と満足げだった。

 また、金箔(きんぱく)やピンクの色ガラスを混ぜて、ピンセットやはさみで桜の花びら形にしたトレーを作る体験も実施している。所要時間は約30分。

 小学3年生以上が対象で1日の定員は6人。吹きガラス体験は2900円、トレー作りは3千円。午前9時~午後4時。前日までに予約が必要。火曜休館。同館TEL079・564・5111

三田
三田の最新
もっと見る

天気(4月17日)

  • 17℃
  • ---℃
  • 70%

  • 18℃
  • ---℃
  • 50%

  • 17℃
  • ---℃
  • 80%

  • 16℃
  • ---℃
  • 80%

お知らせ