三田

  • 印刷
のこぎりで竹を切る児童=神戸三田アウトドアビレッジTEMIL
拡大
のこぎりで竹を切る児童=神戸三田アウトドアビレッジTEMIL
児童がスプレーで描いた絵=神戸三田アウトドアビレッジTEMIL
拡大
児童がスプレーで描いた絵=神戸三田アウトドアビレッジTEMIL

 新型コロナウイルスによる休校期間中、兵庫県三田市の「神戸三田アウトドアビレッジTEMIL(テミル)」(木器)が、小中学生の宿泊体験プログラムを実施している。仕事などで親と過ごすことが難しい子どもや、安全な環境でリフレッシュしたい子どもを「遊び」と「学び」の両面から支える。

 姫路市のNPO法人「生涯学習サポート兵庫」などが運営する同施設には、キャンプサイトや宿舎、体育館など充実した設備がある。アウトドアの講師や教育課程をとる大学生らが子どもを見守り、3月に盛況だったプログラムを宿泊のみで再開した。

 「結構硬いなあ」。19日に訪ねると、児童がのこぎりを手に竹を伐採していた。挑戦したのは小学4年生の女の子2人。その一人の女児(9)が前日夜、「竹を使って何かしたい」と提案したのがきっかけという。切った竹は側面に穴を開け、ひもを通して「竹ぽっくり」に。「流しそうめんもやりたいなあ」と新たな使い方も思案していた。

 スケジュールは天候などで異なるが、学校の宿題をしたり、自然に触れたり、絵を描いたりと盛りだくさん。換気や検温、アルコール消毒は欠かさない。

 1泊1万3千円からで1~4泊を選ぶ。平日は休校期間の月末まで実施するが、5月から始まった土日のプログラムは7月26日まで続くとし、同法人は「異例の事態というピンチを、子どもたちが新たな発見をするチャンスの期間にしたい」とする。(喜田美咲)

【記事特集リンク】新型コロナウイルス

三田の最新
もっと見る

天気(6月4日)

  • 28℃
  • 21℃
  • 20%

  • 32℃
  • 16℃
  • 20%

  • 30℃
  • 21℃
  • 20%

  • 33℃
  • 20℃
  • 10%

お知らせ