教育

教育ニュース
  • 印刷
会見で抱負を語る藤澤正人氏=神戸市中央区楠町7、神戸大医学部
拡大
会見で抱負を語る藤澤正人氏=神戸市中央区楠町7、神戸大医学部

 神戸大(神戸市灘区)は25日、任期満了となる武田廣学長(71)の後任の第15代学長に、医学研究科長の藤澤正人氏(60)=腎泌尿器科学=を選んだと発表した。任期は2021年4月1日から4年間。藤澤氏は、同大医学部(同市中央区)で会見し、「大学は卓越した教育で人材を育成する使命がある。裾野の広い総合大学として、自然科学系、人文科学系のバランスの良い共生を目指す」と抱負を述べた。

 藤澤氏は兵庫県市川町出身で、神戸大大学院医学研究科を修了。2005年に大学院医学系研究科教授になり、同大医学部付属病院長や学長補佐を歴任した。19年に医学研究科長に就任した。

 ロボット手術の国内におけるパイオニアで、多くの共同研究に携わってきた。川崎重工業とシスメックスが折半出資で設立した医療用ロボットメーカーのメディカロイド(神戸市中央区)と、国産初の手術支援ロボット「hinotori(ヒノトリ)」を開発。同ロボットは8月に薬事承認を受け、今月発売された。12月には初めて実際の手術に活用される。

 会見で藤澤氏は、今後取り組みたいこととして、地元産業や行政、近隣大学、海外との連携▽若手・女性研究者の支援▽外部資金の増加-などを列挙。その上で「特に研究面で神戸市や兵庫県の産業・行政との連携を強くし、共創事業をしっかり進めたい」、「(学生が)研究職として頑張ろうとなったときに、安心して打ち込める環境をつくりたい」と語った。(上杉順子)

教育の最新
もっと見る

天気(4月14日)

  • 20℃
  • ---℃
  • 20%

  • 16℃
  • ---℃
  • 50%

  • 20℃
  • ---℃
  • 20%

  • 20℃
  • ---℃
  • 20%

お知らせ