神戸

  • 印刷
体長1メートル以上ある猫の彫刻=神戸市灘区岩屋北町7、JR灘駅南側広場
拡大
体長1メートル以上ある猫の彫刻=神戸市灘区岩屋北町7、JR灘駅南側広場

 JR灘駅の南側広場(神戸市灘区岩屋北町7)とその周辺に、6匹の猫の彫刻がこのほどお目見えした。道中でアートを楽しんでもらおうと、兵庫県と神戸市が設置した。跳びはねたり、胸を張って堂々と歩いたりと、日常の姿を表現した彫刻が街ゆく人々の心を癒やす。来年夏まで展示される予定だ。

 猫の彫刻は「ほどけるとき」と題した花田千絵さんの作品。「六甲ミーツアート芸術散歩2018」に出展された。複数の木片を猫の形につなぎ合わせた1メートル超の作品や、のこぎりなどの工具を駆使して等身大の猫を忠実に表した彫刻もある。

 同市長田区から作品を見に来た男性(55)は「猫の『あるあるポーズ』をよく表現している。猫好きな人が作ったのでは」と思いを巡らせた。

 展示を企画した市企画調整局の工藤貴三(たかみつ)さん(46)は「市民にアートを身近に感じてもらえれば」と話している。(斎藤 誉)

神戸
神戸の最新
もっと見る
 

天気(12月3日)

  • 14℃
  • 7℃
  • 20%

  • 14℃
  • 1℃
  • 50%

  • 14℃
  • 6℃
  • 20%

  • 14℃
  • 4℃
  • 20%

お知らせ