神戸

  • 印刷
米作りに挑戦した小学3年の新宅佑輔君(右)と師匠の中井知広さん=神戸市西区神出町宝勢
拡大
米作りに挑戦した小学3年の新宅佑輔君(右)と師匠の中井知広さん=神戸市西区神出町宝勢
新宅君が米作りの過程をまとめた夏休みの自由研究(雅美さん提供)
拡大
新宅君が米作りの過程をまとめた夏休みの自由研究(雅美さん提供)

 大好きなお米を作りたい-。神戸市西区の市立井吹東小3年、新宅佑輔君(8)が今年、田植えから稲刈りまでを体験する米作りに挑んだ。地元農家らの協力もあり、新学期にはその過程をまとめた自由研究を学校に提出。新宅君は「虫取りと稲刈りが楽しかった」と振り返る。

 新宅君は朝にパンを食べた後もご飯を食べ、夕飯には3杯おかわりをする大の白米好き。「どうやってお米ができるのかを知りたい。自分でも作りたい」。そんな新宅君の願いを受け、母雅美さん(46)が地元農家の中井知広さん(59)に相談。10年ほど使われていなかった同区神出町宝勢の休耕田約600平方メートルを借りるなどして春から米作りを始めた。

 もちろん農業経験はなく、「師匠」の中井さんら周辺農家の助けを受けながら、試行錯誤してコシヒカリを育ててきた。中井さんいわく「50年前のやり方」という、昔ながらの米作りにこだわった。無農薬で手作業が中心。刈った稲も機械を使わず脱穀まで天日干しにして乾燥させた。

 そのため5月の田植え以降は雑草との戦いだった。新宅君は毎週末、田んぼに出向き汗を流した。足元が泥でぬかるむ中、草を抜くのは大変だったという。それでも、米作りに取り組むうち「トイレ貸すで」などと近所の農家らが話し掛け、励ましてくれた。8月の長雨や悪天候の影響で成長した稲穂が倒れ、想定より収穫は落ち込んでしまったが、稲刈りの際には10人ほどが手伝いに来てくれた。

 中井さんは「何でもよう言うことを聞く。大人になってからも農業に関心を持ち続けてくれたらなあ」とほほ笑む。

 肥料などの費用は新宅君のお年玉貯金から捻出した。米は知人らへ販売することを計画していたが、収穫量の関係で断念。新宅君は「借金まみれや」と嘆くが、「自分のお米やから、まずは何もつけないで食べたい」と精米を待ちわびる。

 稲の成長や田んぼで発見した昆虫などの写真とともに、米作りの中で気付いたことを模造紙に記し、夏休みの自由研究にまとめた新宅君。担任の先生からは「字がきれいになった」と褒められたそうだ。

 雅美さんは「コロナのステイホーム期間を利用して、学校ではできない学びができた。よくやり切ったと思う。おにいちゃんになったね」と成長を喜んだ。(名倉あかり)

神戸
神戸の最新
もっと見る
 

天気(10月17日)

  • 21℃
  • 18℃
  • 80%

  • 17℃
  • 15℃
  • 70%

  • 21℃
  • 17℃
  • 70%

  • 20℃
  • 17℃
  • 80%

お知らせ