神戸

  • 印刷
商店街を歩いて啓発する大仁田美咲さん(前列中央)=神戸市灘区の水道筋商店街
拡大
商店街を歩いて啓発する大仁田美咲さん(前列中央)=神戸市灘区の水道筋商店街
商店街を歩いて啓発する大仁田美咲さん(前列中央)=神戸市灘区の水道筋商店街
拡大
商店街を歩いて啓発する大仁田美咲さん(前列中央)=神戸市灘区の水道筋商店街
啓発用のステッカーを集配車に張る郵便局員=長田郵便局
拡大
啓発用のステッカーを集配車に張る郵便局員=長田郵便局
啓発用のステッカーを集配車に貼る郵便局員=神戸市長田区細田町7、長田郵便局
拡大
啓発用のステッカーを集配車に貼る郵便局員=神戸市長田区細田町7、長田郵便局

 秋の全国交通安全運動(21~30日)を控え、兵庫県警灘署や長田署で14日、啓発運動が始まった。「ミス・ユニバーシティ」で準グランプリに輝いた地元の大学生が商店街を練り歩いたり、ステッカーを作って郵便局に贈呈したりして、市民に交通安全意識の向上を訴えた。

■ミス・ユニバーシティ準V大仁田さん一日署長「まず自分が気を付けたい」

 灘署では、全国の女子大学生らが競う「ミス・ユニバーシティ2020日本大会」準グランプリの神戸大学3年生、大仁田美咲さん(20)が一日署長を務めた。

 大仁田さんは幼い頃からクラシックバレエを続け、日本習字の初等師範免許も持つ。大学では芸術史を専攻。新型コロナ禍でアーティストらの発表機会が減ったことを危惧し、ミスコンでは「芸術が盛んな神戸からその魅力を発信したい」とアピールしたという。

 一日署長の委嘱式後、制服姿で近くの水道筋商店街へ。交通安全運動期間を記した横断幕を掲げて往復約1キロを歩き、買い物客や店主に運動についてアピールした。

 大仁田さんは「ドライバー目線でも歩行者目線でも、まず自分が気を付けないと、と考えるきっかけになった。皆さんにも伝わっていたらうれしい」と笑顔で話した。大仁田さんが出演する啓発動画も今後、県警の公式ユーチューブチャンネルで公開される予定。(井上太郎)

■ステッカー2種類製作「事故や特殊詐欺に注意を」

 長田署はこのほど、交通事故や特殊詐欺への注意を呼び掛けるステッカーを2種類作った。この日は長田郵便局(神戸市長田区細田町7)で贈呈式があり、山中博幸署長が矢崎千昭局長にステッカーを手渡した。同郵便局は17日から来年3月末まで計20枚を集配車に取り付け、地域住民への啓発に役立てていく。

 交通安全に加え、特殊詐欺の被害も後を絶たないことから、併せて注意喚起することにした。

 ステッカーはA4サイズのマグネット式。交通事故防止用と、特殊詐欺被害防止用を10枚ずつ用意した。横断歩道での事故を念頭に「歩行者優先!横断歩道!」と強調したほか、特殊詐欺については「電話でお金の話はサギ」と記している。いずれも集配車の側面に張り付けるという。

 長田署の後藤直樹刑事生活安全官(50)は「事故も詐欺も、いつ自分に降りかかってくるか分からない。ステッカーが、わがことだと感じてもらえるきっかけになれば」と話していた。(大橋凜太郎)

神戸
神戸の最新
もっと見る
 

天気(10月17日)

  • 21℃
  • 18℃
  • 80%

  • 17℃
  • 15℃
  • 70%

  • 21℃
  • 17℃
  • 70%

  • 20℃
  • 17℃
  • 80%

お知らせ