神戸

  • 印刷
神戸市消防局のドキュメンタリー番組「救急係長カワムラ」のPR映像
拡大
神戸市消防局のドキュメンタリー番組「救急係長カワムラ」のPR映像

 神戸市消防局は9日の「救急の日」に合わせ、1人の職員に密着したドキュメンタリー番組「救急係長カワムラ」を制作した。新型コロナウイルス下で市民の安全・安心のため奔走する姿や、職務に対する熱意、仲間への思いを紹介する。(初鹿野俊)

 コロナ禍で啓発イベントなどの開催が困難となる中、多様な情報発信を進める同局が初めて企画した。実在する職員に焦点を当て、市民に救急行政への理解を深めてもらったり、職員らの意識を高めてもらったりするのが目的。

 主人公は、兵庫消防署救急係長の川村翔太消防司令(38)。1隊当たりの出動件数が市内最多の持ち場で、2隊21人を束ねる。23分間の番組は、8月中旬の1日に密着。部下から現場の報告を受けたり、救急車内の感染対策の確認をしたりする場面も見せる。

 山口県出身ながら神戸で消防職を志した理由や、救急現場未経験ながら係長を任され、「知らないからこそできることがある」と語るインタビューもある。昼食中に急きょ出動した部下が食べ残した弁当にラップを掛ける姿など、消防ならではの日常を収めたシーンも見どころの一つ。

 9日午後8時から、ケーブルテレビの「J:COMチャンネル」で放送。後日、ユーチューブの市公式チャンネルでも公開する。

神戸
神戸の最新
もっと見る
 

天気(10月17日)

  • 21℃
  • 18℃
  • 80%

  • 17℃
  • 15℃
  • 70%

  • 21℃
  • 17℃
  • 70%

  • 20℃
  • 17℃
  • 80%

お知らせ