ひょうご経済プラスTOP 決算 契約一時金の反動減で赤字転落 カルナバイオサイエンス 20年6月中間

決算

契約一時金の反動減で赤字転落 カルナバイオサイエンス 20年6月中間

2020.08.07
  • 印刷
(注)表の数字の単位は百万円。▲は赤字計上か、割合減少。前期の配当は実績

(注)表の数字の単位は百万円。▲は赤字計上か、割合減少。前期の配当は実績

 ◇契約一時金の反動減で赤字転落【カルナバイオサイエンス】(神戸市中央区、20年6月中間)前期に計上した、米製薬会社との新たながん免疫療法に関するライセンス契約一時金がなくなり、大幅な減収。中間期で2年ぶりに赤字転落した。通期も反動減が響いて最終赤字を見込む。