ひょうご経済+|経済|兵庫県立大とダイセル、新たな素材開発へ 研究講座を開講
ひょうご経済プラスTOP 経済 兵庫県立大とダイセル、新たな素材開発へ 研究講座を開講

経済

兵庫県立大とダイセル、新たな素材開発へ 研究講座を開講

2020.11.25
  • 印刷
共同研究講座を開講した兵庫県立大の太田勲学長(左)とダイセルの小河義美社長=上郡町光都3

共同研究講座を開講した兵庫県立大の太田勲学長(左)とダイセルの小河義美社長=上郡町光都3

 兵庫県立大と化学メーカーのダイセル(大阪市)は24日、共同で設置した研究講座の開講式を同県上郡町の県立大播磨理学キャンパスで開いた。摩擦に関する基礎研究を行い、新たな樹脂素材の開発につなげる。

 県立大は2017年に同社と包括連携協定を締結。針のない注射器の薬剤の流れなどを研究してきた。双方は、前身の姫路工業大から共同研究や人事交流をしてきた経緯がある。