ひょうご経済プラスTOP 経済 小企業の業況判断指数 改善も依然低水準 兵庫県内7~9月期

経済

小企業の業況判断指数 改善も依然低水準 兵庫県内7~9月期

2020.10.26
  • 印刷

 日本政策金融公庫神戸支店がまとめた7~9月期の兵庫県中小企業動向調査によると、20人未満の小企業の業況判断指数(DI)はマイナス68と、前期(4~6月期)に比べて8・8ポイント改善した。新型コロナウイルス禍の打撃は底を打ったが、依然厳しさは続く。

 小企業業況DIは、現状を「良い」と答えた割合から「悪い」とした割合を引いた値。9月中旬に取引先388社に聞き、63・4%が答えた。