ひょうご経済プラスTOP 経済 スカイマーク、神戸-沖縄・下地島線開設 片道最安5200円

経済

スカイマーク、神戸-沖縄・下地島線開設 片道最安5200円

2020.10.25
  • 印刷
搭乗口で手を振る「神戸-宮古(下地島)線」の第1便の乗客ら=25日午前、神戸空港(撮影・中西幸大)

搭乗口で手を振る「神戸-宮古(下地島)線」の第1便の乗客ら=25日午前、神戸空港(撮影・中西幸大)

「神戸-宮古(下地島)線」の就航をPRする宮古島のご当地キャラたち=25日午前、神戸空港(撮影・中西幸大)

「神戸-宮古(下地島)線」の就航をPRする宮古島のご当地キャラたち=25日午前、神戸空港(撮影・中西幸大)

 航空会社のスカイマーク(SKY)は25日、神戸空港発着の「沖縄・下地島線」を新たに開設した。1日2便(1往復)を運航する。SKYの神戸空港での新路線は約3年3カ月ぶり。

 神戸から沖縄へは、SKYやソラシドエアが運航する那覇線に続き2路線目。下地島線は、昨年3月開業の「みやこ下地島空港」(沖縄県宮古島市)に離着陸する。宮古島と橋で結ばれ、同市街地から車で約25分の位置にあり、周囲は美しい海やサンゴ礁の隆起でできた神秘的な地形で知られる。運賃は神戸から片道最安5200円(税込み)。

 SKYは同日、羽田、那覇と下地島をそれぞれ結ぶ路線も開設し、首都圏と関西圏の観光需要を取り込む狙い。下地島へは、関西空港から格安航空会社(LCC)ジェットスター・ジャパンの路線があるが、新型コロナウイルスの影響で運休が続いている。

 この日の式典で、SKYの佐山展生会長は「コロナが落ち着けば、より多くの方に利用してもらえる」。神戸市の久元喜造市長は「航空需要が厳しい中、前向きな決断をしていただきありがたい。利便性向上にも対応していく」と述べた。

 神戸から第1便に搭乗した芦屋市の男性会社員(47)は「これまで下地島へは那覇から宮古島を経由し、さらにフェリーに乗っていた。直行便ができてうれしい」と話した。(横田良平)