ひょうご経済プラスTOP 経済 セイバンが欧州進出 ドイツで販売、成人用バッグの新ブランド

経済

セイバンが欧州進出 ドイツで販売、成人用バッグの新ブランド

2020.09.16
  • 印刷
ビジネス用バッグ「シコバ」のイメージ画像(セイバン提供)

ビジネス用バッグ「シコバ」のイメージ画像(セイバン提供)

セイバンがドイツで販売する初の海外ブランド「シコバ」=大阪市淀川区西中島5

セイバンがドイツで販売する初の海外ブランド「シコバ」=大阪市淀川区西中島5

 ランドセルメーカーのセイバン(兵庫県たつの市)は、ビジネスバッグの欧州販売に乗り出した。少子化で成長余地が限られるランドセルのほかに、幅広い需要が見込まれる成人用の海外向け製品で収益源を広げる。ドイツを手始めに、欧州各国で販路を開拓する考えだ。(三島大一郎)

 同社で初の海外展開ブランド「SICOBA(シコバ)」を立ち上げ、ドイツで販売を始めた。「シンプル」「快適な」「バックパック」を意味する英単語の音節を組み合わせて命名。同社に6人いる熟練職人がたつの市内の工場で製造し、ドイツに輸出する。

 新製品は、ランドセルと同じく背負うタイプのビジネスバッグ。水や汚れに強い人工皮革を採用し、バッグ本体を背中にフィットさせて軽く感じられるようにするなど、ランドセルに用いる技術を踏襲した。ふたに当たる「かぶせ」やベルトも交換でき、携帯電話やペンなどの収納ポケットを備えたという。

 同社は2年前から、中国や韓国などで現地ニーズに合わせたランドセルのテスト販売を実施。さらに海外での事業拡大を図るため、日本と同様にものづくりを強みとするドイツでの販売計画を進めていた。

 当初は子ども向けにランドセルを販売する予定だったが、市場調査の結果、成人用の製品を求める声が多かった。このため、現地の協業会社と協力し、ビジネスバッグを開発、販売することにした。

 新製品のうち「モデル ナンバー1」(縦39センチ、横29センチ、奥行き17センチ)は黒、茶、黄緑の3色で約5万円。「モデル ナンバー2」(縦36センチ、横28センチ、奥行き15センチ)は黒、茶の2色で約4万9千円。

 ドイツでの販売が軌道に乗れば、欧州全域に供給したい考えだ。現時点では日本国内での販売は予定していない。セイバンは「大人向け製品開発の第一歩。日本から世界へと事業の幅を広げる足がかりとしたい」としている。