ひょうご経済プラスTOP 経済 下水汚泥活用が国交大臣賞受賞 神戸市などの事業

経済

下水汚泥活用が国交大臣賞受賞 神戸市などの事業

2020.09.11
  • 印刷

 神戸市内の下水汚泥由来のリンを肥料として活用する「都市と農村をつなぐ KOBEハーベストプロジェクト」が、国土交通大臣賞「循環のみち下水道賞」を受けた。新技術の活用などを評価する「イノベーション部門」で表彰された。

 同賞は、国土交通省が毎年、下水道に関する全国の自治体や企業の優良事例を表彰し13回目。今年は応募34件から13件が選ばれた。