ひょうご経済プラスTOP 経済 住友ゴムがタイヤ767本をリコール 複数件の接地面剥離事例が発生

経済

住友ゴムがタイヤ767本をリコール 複数件の接地面剥離事例が発生

2020.09.09
  • 印刷

 住友ゴム工業(神戸市中央区)は9日、ハイヤー、タクシー専用の交換用タイヤ「ダンロップ TRIDENT(トライデント)TX-02」のリコールを国土交通省に届け出た。2015年10月~20年8月に生産されたホイール径14インチの767本が対象。

 同社によると今年7、8月、路面と接するゴムの一部が剥離する事例が複数件、発生した。ゴムの強度不足のため製造工程で内部に亀裂が生じた製品があり、走行を続けると同様の剥離が発生する恐れがある。事故の報告はないという。