ひょうご経済プラスTOP 経済 コロナショック、県内初感染から半年(3)小売り・バス

経済

コロナショック、県内初感染から半年(3)小売り・バス

2020.09.05
  • 印刷
契約者数が増え続けている宅配の積み込み作業=神戸市東灘区魚崎浜町、コープこうべ協同購入センター東灘

契約者数が増え続けている宅配の積み込み作業=神戸市東灘区魚崎浜町、コープこうべ協同購入センター東灘

 「信じられない」「残念」。アパレル大手のワールド(神戸市中央区)が8月、主要5ブランドの終了を打ち出し、地元の女性客らから驚きの声が上がった。「オゾック」や「アクアガール」など、同社の成長を支えた象徴的なブランドも含まれるからだ。

 新型コロナウイルス感染拡大による需要縮小に見舞われた同社。5ブランドの終了などに伴い、本年度中に全店舗の約15%にあたる358店舗を閉鎖し、40歳以上の社員約1400人を対象に200人の希望退職を募るなど対応を急いでいる。2021年3月期の連結純損益予想(国際会計基準)は60億円の赤字に沈む。