ひょうご経済プラスTOP 経済 住友精密工業が黒字に転換 決算訂正で発表遅れ 20年3月期

経済

住友精密工業が黒字に転換 決算訂正で発表遅れ 20年3月期

2020.09.05
  • 印刷
表の数字の単位は百万円。▲は赤字計上か、割合減少。前期の配当は実績

表の数字の単位は百万円。▲は赤字計上か、割合減少。前期の配当は実績

 住友精密工業(兵庫県尼崎市)は4日、延期していた2020年3月期連結決算を発表した。前期に防衛装備品の過大請求問題に伴う特別損失があった反動で、最終損益が前期の23億6千万円の赤字から10億200万円の黒字に転換した。

 売上高は、航空機の降着装置や半導体製造装置などが伸び4・1%増だった。新型コロナウイルス感染拡大の影響が見通せず、21年3月期の業績予想は未定とした。

 同日、退職給付債務の会計上の見積もりに誤りがあったとして16年3月期から20年3月期第3四半期までの連結決算を訂正した。純利益は公表済みの数値より計2億2600万円少なかった。経理部門の理解不足などが原因という。(長尾亮太)