ひょうご経済プラスTOP 経済 コロナショック、県内初感染から半年(2)航空機産業

経済

コロナショック、県内初感染から半年(2)航空機産業

2020.09.04
  • 印刷
3日開幕した「国際フロンティア産業メッセ」で航空機産業に携わる県内中小企業を紹介するブース=神戸市中央区港島中町6

3日開幕した「国際フロンティア産業メッセ」で航空機産業に携わる県内中小企業を紹介するブース=神戸市中央区港島中町6

 新型コロナウイルスは世界の「空模様」を一変させた。渡航制限による航空需要の蒸発は、米ボーイング、英ロールスロイスなど機体、エンジンメーカーの減産を招き、兵庫県内の企業にも影響をもたらす。

 「今期は営業赤字になりそうだ」。航空機エンジンや降着装置の部品を手掛けるオオナガ(兵庫県稲美町)の大長勝社長(49)は明かす。7月に入って受注量が減り、8月は売上高が前年同月比で6割落ちた。5年前に第2工場を開設して事業を拡大させ、売上高の半分を航空機向けが占める。「コロナ前に戻るには3年はかかる」とみて、堅調な産業用ガスタービン部品を強化し、向かい風をかわす。