北播

  • 印刷
大パノラマの夜景。遠くには明石海峡大橋の主塔も見える=加東市光明寺から
拡大
大パノラマの夜景。遠くには明石海峡大橋の主塔も見える=加東市光明寺から

 きらめく地上の星-。

 兵庫県加東市のランドマーク、五峰山中腹にある駐車場からの夜景が静かな人気を呼んでいる。

 パノラマ空間に映えるのは、加東市街地の夜景と小野市の街明かり。国道175号と中国道を走る車の光跡も彩りを添える。都市部のような派手さはないものの、黒をキャンバスに点在する光は、地上に落ちた星の瞬(またた)きのように見える。

 加東市観光協会によると、六甲山から眺める神戸・阪神間とロケーションが似ていることから地元では「滝野六甲」と呼ばれているそうだ。地元では昔から知られた眺望スポットだったが、近年は木が生い茂り、視界を遮っていた。

 このため同協会が今夏、枝を切って見通しをよくしたところ、写真投稿サイト「インスタグラム」などを通して改めて夜景美が評判になった。同協会関係者は「復活したビュースポットとして、滝野六甲の名で売り出したい」と話している。同協会TEL0795・48・0995

(中西大二)

北播の最新
もっと見る

天気(9月19日)

  • 29℃
  • ---℃
  • 10%

  • 29℃
  • ---℃
  • 10%

  • 30℃
  • ---℃
  • 10%

  • 31℃
  • ---℃
  • 10%

お知らせ