北播

  • 印刷
DVDを見ながら体操に取り組む子どもたち=フォーリーフ
拡大
DVDを見ながら体操に取り組む子どもたち=フォーリーフ
キラキラサンサン体操を実演する教諭ら=フォーリーフ
拡大
キラキラサンサン体操を実演する教諭ら=フォーリーフ

 休校中の小野特別支援学校(兵庫県小野市昭和町)の教諭が体操のDVD約50枚を作り、同校の子どもが通う小野市内の「放課後等デイサービス事業所」7施設に配った。屋外施設の利用ができずに運動不足になっているといい、早速、DVDを見ながら施設内で体を動かしている。(笠原次郎)

 同校は昨年から、家庭と学校に加えて福祉施設との連携も図り、情報共有をする「トライアングルプロジェクト」を進めている。教諭らはこの一環として、DVDを製作した。

 ストレッチや軽い運動で構成した「キラキラサンサン体操」は約30年前から同校で続けられており、これを教諭が映像に収録。あごや口を動かして食べ物を飲み込みやすくする「食前体操」と昨年の運動会で踊ったダンスも含め、約50分のDVDにまとめた。

 3月12日から休校が続く同校の小中学生34人のうち、半数以上の19人が民間の放課後等デイサービスに通う。普段は施設から公園や屋外施設に出向いて体を動かすが、緊急事態宣言の発令以降、施設を使えないケースが増えているという。

 小野市大島町の「フォーリーフ」には、同校の8人を含む20人が通う。管理者の男性(48)は「暑くなると公園では熱中症の危険もある。DVDは、子どもたちが屋内の体操で発散できるのでありがたい」と話す。市場小学校6年の女児(11)は「みんなと一緒に体操をすると楽しい」と喜んでいた。

【記事特集リンク】新型コロナウイルス

北播の最新
もっと見る

天気(6月4日)

  • 28℃
  • 21℃
  • 20%

  • 32℃
  • 16℃
  • 20%

  • 30℃
  • 21℃
  • 20%

  • 33℃
  • 20℃
  • 10%

お知らせ