姫路

  • 印刷
公共施設の再開方針などが報告された対策本部会議=姫路市防災センター
拡大
公共施設の再開方針などが報告された対策本部会議=姫路市防災センター
神戸新聞NEXT
拡大
神戸新聞NEXT

 兵庫県姫路市は22日、新型コロナウイルス感染症対策本部会議を開き、休館が続く市立施設を、原則として6月1日から順次再開すると発表した。緊急事態宣言の対象から兵庫県が外れたことを受けた対応で、貸し館利用やイベント開催も同日から認め、市立小中学校は分散登校で再開する。公園内の大型遊具などの使用禁止は5月23日から解除する。(小川 晶)

 会議では、感染拡大防止と社会経済活動の両立を図るため、原則として6月1日から市立施設を再開する方針が報告された。観光、社会教育、福祉など各種施設の大半が対象となる。

 スポーツ関係は、屋外施設は1日から再開するが、予約への対応などにより、体育館などの屋内施設は15日から。県の対処方針などで休業要請が解けていないスポーツジムは、引き続き閉鎖する。

 姫路城は市の象徴として、屋外部分に限り5月28日に前倒して公開する。隣接する好古園の庭園部分と姫路駅前の観光案内所も同日から営業を始める。天守など姫路城の屋内施設の見学は6月15日からとする。

 市が主催・共催するイベントや行事は、屋内100人以下、屋外200人以下を目安とし、参加者の削減や密集の回避に努める。

 市立小中学校は6月1日から再開し、12日までの分散登校を経て、15日から徐々に通常の態勢に戻す方針。5月25日の教育委員会会議で正式決定する。保育所やこども園、放課後児童クラブの「特別保育」は同24日で終了。25日から通常利用に切り替えるが、学校再開までは可能な限りの自粛を求めるという。

【記事特集リンク】新型コロナウイルス

姫路の最新
もっと見る

天気(6月4日)

  • 28℃
  • 21℃
  • 20%

  • 32℃
  • 16℃
  • 20%

  • 30℃
  • 21℃
  • 20%

  • 33℃
  • 20℃
  • 10%

お知らせ