阪神

  • 印刷
上空から撮影した人文字(浜脇中提供)
拡大
上空から撮影した人文字(浜脇中提供)
上空から撮影した人文字(浜脇中提供)
拡大
上空から撮影した人文字(浜脇中提供)
上空から撮影した人文字(浜脇中提供)
拡大
上空から撮影した人文字(浜脇中提供)
上着を上げ下げして文字を作る生徒ら=西宮市宮前町
拡大
上着を上げ下げして文字を作る生徒ら=西宮市宮前町

 西宮市立浜脇中学校(兵庫県西宮市宮前町)の全校生徒約760人が24日、制服を上げ下げして文字を表現する「人文字」に取り組んだ。伝統行事を絶やさず、コロナ禍に負けない元気を校区の人たちに伝えようと、生徒会本部役員が企画。生徒たちは笛の合図に合わせてきびきびと動いた。(中川 恵)

 同校は、阪神甲子園球場で開かれる「西宮市中学校連合体育大会」(中連体)の閉会式後にある校歌交歓で人文字を披露してきた。今年は東京五輪・パラリンピックが予定されていたことなどから中連体は中止に。新型コロナ禍で生徒会が関わる体育大会や修学旅行も縮小となったため「せめて人文字だけは」と実施を決めた。

 表示する文字は生徒から募り「変わる世の中 変わらぬ心 笑顔あふれる浜中生」に決定。感染防止のため、1週間前から給食の時間に過去の映像を各教室で放送してやり方を伝えた。

 この日は、教室で最終の練習を済ませた生徒らが素早く運動場へ。マスクを着け、人と人との距離を取って縦約20メートル、横約36メートルに広がって並んだ。CD音源の校歌が流れる中、笛の音に合わせて学生服の上着をテンポ良く上げ下げして文字を作った。

 生徒会本部役員らは、長い休校期間で満足な活動ができていないことが気掛かりだったという。生徒会長の南馬颯斗さん(14)は「かなり緊張した。みんなの目を見ると絶対成功させたいという気持ちがみなぎっていた」と喜んだ。

 小型無人機ドローンなどで撮影した動画は後日、同校のホームページで紹介される予定。

阪神
阪神の最新
もっと見る

天気(1月21日)

  • 11℃
  • ---℃
  • 10%

  • 13℃
  • ---℃
  • 10%

  • 12℃
  • ---℃
  • 10%

  • 13℃
  • ---℃
  • 0%

お知らせ