阪神

  • 印刷
創作した「秋のごほうびスイーツ」を持つ参加店の店主ら=川西市出在家町
拡大
創作した「秋のごほうびスイーツ」を持つ参加店の店主ら=川西市出在家町
「Cake&Bread Poo」(萩原台西)の「里山デニッシュ」(川西市商工会提供)
拡大
「Cake&Bread Poo」(萩原台西)の「里山デニッシュ」(川西市商工会提供)
「幻菓苑 遊季」(緑台)の「里山散策 実り団子」(川西市商工会提供)
拡大
「幻菓苑 遊季」(緑台)の「里山散策 実り団子」(川西市商工会提供)
「CAFE BOX」(西多田)の「ドーナツPOP」(川西市商工会提供)
拡大
「CAFE BOX」(西多田)の「ドーナツPOP」(川西市商工会提供)
「ケーキのおおたに」(栄町)の「おいもと黒豆の香ばしスイートポテト」(川西市商工会提供)
拡大
「ケーキのおおたに」(栄町)の「おいもと黒豆の香ばしスイートポテト」(川西市商工会提供)

 「日本一の里山」とされる兵庫県川西市黒川地区をイメージした「かわにし里山 秋のごほうびスイーツ」を商品化する企画に、市内の洋菓子、和菓子店など10店が参加し、それぞれのオリジナルスイーツを開発した。各店こだわりの逸品はケーキやパン、ドーナツ、だんごなど幅広いジャンルにわたり、食材にはクリやイモ、黒豆など秋の味覚がたっぷり。12月11日まで各店で販売している。(伊丹昭史)

 食で川西市をPRする狙いで、市商工会が一昨年から続ける企画の一環。年配客が多いという和菓子店の顧客開拓にもつながるよう、ターゲットは年齢を少し下げて30~40代の主婦らに設定。創作するスイーツの条件は参加店で話し合い、秋の素材を2種類以上使って里山を表現▽写真映えする商品-と決めた。

 和菓子店「いな川本舗上政」(見野)のオムレット(200円)は抹茶とほうじ茶のスポンジに黒豆あんを挟み、クリの甘露煮が顔をのぞかせる。「和菓子のむらかみ」(大和西)はイチジクあんや黒豆も使って、数種類の「秋のごほうび餅」(160円)をそろえた。

 「パヌトン」(栄町)の「甘栗と黒豆の里山パン」(230円)には渋皮マロンペーストや黒豆、クリをたっぷりと。「Nico Nico Pann(ニコニコパン)」(平野)は「朝から五きげん食パン」(480円)にラズベリーやクランベリー、クルミなどをふんだんに入れた。

 「グッドクラップ」(大和西)のマロンケーキ(400円)は甘露煮、渋皮煮と2種類のクリを楽しめ、「雑貨工房blank(ブランク)」(南野坂)はクルミなどが入ったオリジナルのグラノーラをクッキー(4個200円)にした。

 市商工会のホームページから入る専用サイトで、スイーツや店舗の情報をそれぞれ紹介している。市商工会TEL072・759・8222

阪神の最新
もっと見る

天気(11月25日)

  • 16℃
  • ---℃
  • 10%

  • 17℃
  • ---℃
  • 20%

  • 16℃
  • ---℃
  • 10%

  • 18℃
  • ---℃
  • 10%

お知らせ