阪神

  • 印刷
感染症対策PRステッカーを手にする武庫川女子大学の学生ら=西宮市櫨塚町、西宮商工会館
拡大
感染症対策PRステッカーを手にする武庫川女子大学の学生ら=西宮市櫨塚町、西宮商工会館

 「感染症対策やっています!」。新型コロナウイルスの感染防止対策に取り組む飲食店などを応援するため、兵庫県西宮市は、来店者に対策実施済みであることをPRできるステッカーを千枚作製した。同市在住のイラストレーター、たかいよしかずさんが描いた疫病よけの妖怪「アマビエ」をあしらう。協力する武庫川女子大学(同市)の学生らが2日、各店舗を巡り、ステッカーの配布を始めた。

 西宮市は、同市の観光キャラクター「みやたん」を発案したたかいさんの作品を使い、直径約15センチのステッカーをつくった。飲食店などの店主らに無料で配り、掲示の際は、県が示す新たな生活様式「ひょうごスタイル」に基づく対策を実施済みと誓約してもらう。

 配布には、西宮商工会議所と同大学経営学部の学生20人が協力。各店舗から、コロナ禍の影響や、行政に望む支援策などを調べるアンケートを取りながら配る。調査結果や提言は10月末までにまとめる。同大学経営学部1年の女子学生(19)=同市=は「しっかり対策するお店が増え、西宮ににぎわいが戻るよう役立ちたい」と話した。

 三角柱に組み立てる掲示物の印刷用データも市のホームページで公開中。西宮市商工課TEL0798・35・3641

(小林伸哉)

【記事特集リンク】新型コロナウイルス

阪神の最新
もっと見る

天気(10月27日)

  • 21℃
  • 13℃
  • 0%

  • 21℃
  • 7℃
  • 0%

  • 22℃
  • 11℃
  • 0%

  • 23℃
  • 9℃
  • 0%

お知らせ