連載・特集 連載・特集 プレミアムボックス

丹波豪雨

  • 印刷

 兵庫県丹波市や広島市などに深刻な被害をもたらした昨年8月の豪雨災害に関し、厚生労働省は9日に決定された2014年度補正予算案に、水道施設災害復旧費として2億1千万円を盛り込んだ。当初予算から既に3億5千万円を充てており、不足分を計上した。

 丹波市では、浄水施設が土砂に埋もれるなど壊滅的な打撃を受けたほか、地中の配水管も壊れ、被害額は約4億円に上る見込み。充当額は今月末の調査で決めるが、激甚災害指定を受けており、同省は復旧費用の3分の2を補助する予定だ。

 また、丹波市を含む全国の河川堤防や道路などの災害復旧について国土交通省は、国直轄事業と自治体への補助を合わせ997億円を計上した。

 一方、文部科学省は、実大三次元震動破壊実験施設「E-ディフェンス」(三木市)の機能強化に15億5千万円を充てた。長周期地震動対応工事の完了を受け、建物を揺らす震動台の制御システムを更新。実験の精度を上げ、南海トラフ巨大地震に対応した耐震技術の開発に役立てる。(小西博美、山本哲志)

2015/1/10

天気(12月5日)

  • 15℃
  • 7℃
  • 10%

  • 14℃
  • 3℃
  • 30%

  • 16℃
  • 6℃
  • 0%

  • 16℃
  • 4℃
  • 10%

お知らせ