連載・特集 連載・特集 プレミアムボックス

丹波豪雨

  • 印刷
広島に向けたメッセージを書く児童=丹波市市島町上竹田、前山小学校
拡大

広島に向けたメッセージを書く児童=丹波市市島町上竹田、前山小学校

広島に向けたメッセージを書く児童=丹波市市島町上竹田、前山小学校

広島に向けたメッセージを書く児童=丹波市市島町上竹田、前山小学校

 大規模な土砂災害に見舞われた兵庫県丹波市と広島市のボランティアや住民が、励ましのメッセージを送り合っている。丹波市市島町では、最も被害の大きかった前山地区にある前山小学校の児童らが言葉を書き込んだ。

 「広島に比べ丹波の被害が全国に知られていない」。まず動いたのは、広島で活動するボランティアグループ「広島たすけ隊」だった。留川雅一さん(42)=広島県海田町=が他のメンバーのメッセージを募り「共に頑張ろう!広島and丹波」などと書いたボードを持って丹波市市島町に駆け付けた。

 そのお返しにと、同市復興支援ボランティアセンターのスタッフやボランティア、前山小の運動会に訪れた住民や児童が別のボードに「ファイト広島!!」「頑張りましょう」などと書き込んだ。自宅が浸水したという同小6年の児童(11)は「メッセージが届いてうれしかった。広島の人と一緒に頑張りたい」。

 広島からのボードは丹波市市島町で展示された後、現在はJR柏原駅構内のレストラン「山の駅」入り口付近に置かれている。

(森 信弘)

2014/12/1

天気(1月26日)

  • 15℃
  • 7℃
  • 80%

  • 15℃
  • 1℃
  • 80%

  • 16℃
  • 6℃
  • 70%

  • 15℃
  • 5℃
  • 80%

お知らせ